初めにお読みください

ご訪問ありがとうございます。
このブログは、マンション管理に無関心だった夫婦が運悪く理事長になってしまい、
やがてマンション管理向上のために奮闘していく様子を描いた、ほぼ実録日記です。
理事長時代(平成22年~)を中心に、過去から現在までを遡って書いています。
ド素人の失敗あり、ヘタレ主婦の苦悩煩悩ありです。笑ってやってください。
(平成20年築、30戸という設定ですが、数量・金額・名称はフィクションです)
マンションがより暮らしやすいものになりますように。    平成27年10月18日秋晴

薬の効果~認知症が進みました

この記事はマンション管理とは関係ありません。

一年前に父の脳の萎縮を早い段階で見つけ
投薬治療を始めることができた私は、
424 (1)
またまたTBSドラマ「大恋愛」ですが
421 (3)
父の場合は特に
生活習慣の改善が必要だと感じました。
だから、
424 (2)
と考えました。
そこで一年間、こんなことをしてきました。
424 (3)
424 (4)
車の運転が危ないのは視力の問題、
人の話を理解できないのは聴力の問題と考えました。
またアルツハイマー型と診断されたことにより、
小股歩行()は股関節の問題と推測しました。

治療して身体機能が戻れば認知症の
発症リスクを減らせると思ったわけです。
しかし父は病院が大嫌いで、
424 (5)
424 (6)
そして今年の10月末、
424 (7)
できることはやったんだけどなー
424 (8)
424 (9)
私は父が好きなわけではありませんが、
424 (10)
できることなら最期まで、
自分の望み通りに生活させてあげたい。



実家とリアル理事会でバラバタしていて
お返事を書けそうにありません。
コメント欄は閉じさせていただきますね(*^_^*)
banner2.png

認知症の薬-2

この記事はマンション管理とは関係ありません。

前回の続きです。
皆さんは若年性アルツハイマー病を描いた
ドラマ「大恋愛」をご存知でしょうか?
ついに真司が尚にプロポーズしましたね。
想いと覚悟の詰まった短い言葉に感動しました。
オバサン号泣です。。゚(゚´Д`゚)゚。

さて、以前のドラマの中で
423 (1)
果たしてこのセリフ、
母は父に言えるだろうか?

(今のところ母が介護する予定です)

さて、前回の記事では投薬治療に対する
否定的な意見を書きました。
422 (6)
422 (5)
今回は肯定的な意見として父の様子をご紹介。
投薬前後の父の姿は、
423 (4)
すごく明るくて改善しているように見えます。
実母の入院、※認知症疑惑その後を見てね。
423 (3)
と言うわけで認知症薬の効果については
私も正直なところ分かりません。

ただ一つ分かっているのは、
423 (2)
残酷だ。

banner2.png

認知症の薬-1

この記事はマンション管理とは関係ありません。

前回の続きです。
TBSドラマ「大恋愛」の中で、
422 (1)
MCI=軽度認知障害(認知症の前段階)

現在日本では
4種類の認知症薬が認可されています。
認知症ねっと
その中でも、
422 (7)
しかし現在の医学では認知症は治りません。
投薬治療は一時的に進行を遅らせるものです。

NHK健康チャンネル

しかも投薬治療には様々な意見があります。
422 (6)
彼女によると、認知症の利用者さんは
大量の薬が投与されていることが多く、
大抵は無気力状態に陥っているのだそうです。
そこで施設で様子を見ながら減薬するそうです。
422 (5)
今年、こんな出来事もありました。→
日本でも使われている4種類の薬が
フランスで医療保険の適用対象外になったのです。
父に処方されている薬がフランスでは
「効果が不十分」と評価されたわけです。
422 (4)
と言う気分でした。
次回に続きます。

辛いことがあっても食べる。
422 (2)
朝の焼き鮭定食。お味噌汁の具は大根。多分。

昼も食べる。イカ天(冷食)のお弁当。
422 (3)
食べられるうちは、大丈夫。

banner2.png

軽度認知障害

この記事はマンション管理とは関係ありません。

皆さんは、TBSで放送中の「大恋愛」という
ドラマをご存知でしょうか。
421 (1)
ご存知ない方はこちらをどうぞ→大恋愛公式HP
421 (6)
なぜなら父と主人公の状態が似ているからだ。

主人公はアルツハイマーの前段階の
軽度認知障害と診断されました。
軽度認知障害(MCI)とは、
健常者と認知症の間のグレーゾーンです。
認知機能に問題が生じていますが、
日常生活に支障はありません。
詳しくはこちらをどうぞ→認知症ねっと

図式にするとこんな感じ↓
421 (5)
一年前に脳ドックを受けた父は、
ちょうど境界線のあたりと診断されました。
それを聞いた私達は、
358 (2)
即治療をお願いしたのですが、
それにはワケがあります。
421 (2)
認知症ラプソディ①を見てね。
421 (4)
次回に続きます。

現在の医学では認知症は治りません。
投薬治療は一時的に進行を遅らせるものです。

ところで、
軽度認知症の段階で早期に発見すれば
正常な状態に戻ることもあるそうです。
421 (3)
今までとは違う異変に気付いたら早期受診
生活習慣の改善人との関わりが大切なのだそうです。

朝ご飯をモリモリ食べて
421 (8)

お昼ご飯もガッツリいただきます。
美味しく食べられることのありがたさ。
ヤバイけど・・・(^_^;)
421 (9)
肉団子とチンゲン菜の中華弁当。

banner2.png

再開しま~す♡

皆様、お久しぶりです。
随分ご無沙汰してしまいました。
420 (1)
マンション理事会活動(リアル)の他に
父の認知症や母の金銭トラブルがあり、
時間的にも精神的にも辛くて
漫画を描くことができませんでした。
420 (6)
両親のことは、
ようやく着地点を見つけることができそうです。
とても悪い結果なので、
420 (5)
でも、現実として
受け止めるしかありませんね・・・
420 (4)

本筋(マンション管理)の漫画はあと一週間で
管理会社変更ってとこまで来てますが、
寄り道を続けて親のことを書きたいと思います。
420 (2)
今後もどうぞよろしくお願いいたします。
420 (3)
漫画作成のため
コメント欄は閉じさせていただきますね(^_^)

420 (7)
Trick or Treat

banner2.png