2017年10月20日の記事 (1/1)

熊本地震~食事、ゴミ、設備点検

前回の続きです。
熊本市在住くまさんの体験談です。
352 (1)
くまさんのマンションの断水は
4月末まで続きました。
352 (7)
352 (6)

こちらです→
282 (2)
こないだゴマ風味のカンパンを食べたら
美味しかったです♡(*^_^*)
352 (5)
熊本市内にはゴミが山積みになり、
通行車両の妨げになったり虫が発生することも
あったようです。
352 (2)
(画像:日経ビジネス)
熊本市には二つのゴミ焼却工場があったのですが
そのうち一つの工場が被災して停止したそうです。
352 (4)
エレベーターは業者による設備点検後
すぐに復旧しました。
352 (3)
何事もなくて良かったです。
さすが、耐震等級2のマンションは頑強。

ここで言う安全確認とは、
地震直後の建物(共用部)の確認を言います。
例えば、エレベーターや機械式駐車場、
亀裂があって危険そうな箇所に目印を付けて
住民が立ち入らないようにする。
外壁の剥離した部分を探したり、予め落として
落下事故を防ぐ。
共用部のガスや水道の元栓を閉める。
閉じ込められている住民がいないか各住戸に
声掛けする、等々。

全住民が戻ったのであれば、復旧に向けての
話し合いがしやすいですね。
避難する住民が多い場合は連絡先を把握して
おかないと大変です。


次回からは「地震に備える」を考えていきます。