2018年05月02日の記事 (1/1)

キャンプだ ホイ!

先日の記事に書いた通り、
防災訓練を兼ねてキャンプ場に行ってきました。
キャンプは小学校以来(四十年以上ぶり)です。

昨年9月に、
熊本市のくまさんに地震の経験をお聞きして
それを記事にさせていただきました。
その時に避難生活の大変さを痛感しました→
私は車中泊も、電気や水やガスが自由に
使えない生活もしたことがありません。
一念発起して挑戦してみました。

386 (5)
行ったのはロッジやBBQハウスなどがある
大きなキャンプ場です。
大勢のスタッフがいてレンタル用品や
お風呂などの施設も充実しています。
いざとなったらいつでも逃げこめる・・・(汗)

「明るいうちに」とダンナに言われて
15時からテントを建てて寝床も作りました。
386 (2)
するとここで重大な発見が!
我が家の車は7人乗りのSUVで、
大人二人が余裕で寝られる想定でした。
・・・寝られません!
ダンナ174cm、私168cmですが、
足を伸ばせません。
膝を曲げる必要があります。
斜めになれば足を伸ばせるのですが、
二人で寝るとXの形になります。
どちらか一方が相当苦しいでしょうね。
これでは長期避難に使えません。
何事もやってみなくちゃ分からない。
別な方法を考えましょう。

386 (1)
借りたBBQコンロで調理開始。
借りたテーブルの上で熱々のポップコーンを
楽しんでいます。(レンタル率高い)

BBQはテレビ番組で見たのを真似してます。
386 (3)
まず野菜。
皮が真っ黒になるまで焼いて剥いて食べます。
味が濃くて美味しかった。
時間かかるけど(^_^;)

386 (4)
大きな肉の塊!
トムとジェリーで
ブルドッグのスパイク父さんが
いつも焼いていたやつです。
一回やってみたかったんだな~(≧▽≦)♡

料理の時にアルコール除菌シートが便利で
めちゃくちゃ使いまくっていました。
水が使えない時はマストですね。

386 (9)
(写真はUJackさんからお借りしました)
日が落ちるとキャンプ場は真っ暗になります。
(当然です)
そんな当たり前のことが分かっていなかった私。
明るいうちに後片付けができなかった。
暗い中を右往左往します。
生活空間が暗いと不自由を超えて危険の域。
我が家はガスランタンとLEDランタンを準備して
いたんだけど、机に置くだけでは暗いです。

他のテントを見たらランタンスタンドを使って
立てたり、紐や木に吊るしたりしていました。
386 (10)
(写真はユニフレームさんからお借りしました)
こうすると明るいですね!
災害時に暗いとメンタルが参りそうなので(-_-;)
室内でも使えるものを探してみようかな?

386 (8)
コット(簡易ベッド)も借りました。
星を見ようと思ったんだけど
寒くてそれどころじゃなかった。

今回発見した最大の問題は、
「快適に寝ること」でした。
ほぼ一睡もできなかったんです、私。
いつもすぐに爆睡しちゃう質なんですが
床が固い、寝返りが打てない、周囲の音、匂い、
諸々の事情で寝ることができませんでした。
災害時は一体どうなってしまうでしょう。
ダンナ?
ダンナは爆睡していました。
きっといつでもどこでも寝られると思います。
心底羨ましいです。

翌朝、スッキリしない頭のままで朝食作り。
ガスコンロを使っています。(ありがたや)
386 (6)
ホットサンドクッカーを借りました。
これ、いいですね!(≧▽≦)
パンに具材(今回はチーズとハム)を挟んで
両面を焼くだけです。

386 (7)
・・・焼き過ぎです!Σ(゚д゚)
短時間で熱々のホットサンドが出来ました。

今回のキャンプではマイナスの発見が
多かったけど、この経験を生かして
次回はもっと上手くできるようになりたいなあ。
車中泊をして、
「あ~よく寝た~♪」と言えるのが理想です。

GW中はコメントのお返事が遅くなります。
どうかご了承くださいませ(*^_^*)