2018年05月25日の記事 (1/1)

現場確認 その2

前回の続きです。
億さんがつけたウッドデッキはこんな感じでした↓。
似ている画像をお借りしています。
実際のメーカーや実物ではありません。

388 (11)
(LIXILさんのHPからお借りしました)

床板は人工木材で、見た目はこんな感じ↓。
material_img_08.jpg
(LIXILさんのHPからお借りしました)
391 (5)
※管理規約集の中に「専用使用部分の工事」
の施工基準があります。
それによると、ベランダにウッドデッキを設置する
時は対候性、耐食性が必要とされています。
つまり経年劣化でボロボロになった時に、
391(10).jpg
床の損傷や排水管のつまりを防ぐのが目的です。
(以前、私達が借りていた賃貸のベランダに
ウッドデッキが敷いてあったのですが、
ボロボロで裏が湿っていて虫が居そうでした)

億さんのウッドデッキの構造はこんな感じ↓。
391 (8)
(三協アルミさんのHPからお借りしました)
これなら床が乾いて良い状態が保たれそうです。
しかし・・・ムムム・・・(-_-;)

大引きや束柱はアルミ材です↓。
391 (9)
(YKK APさんのHPからお借りしました)

391 (1)
騒音、迷惑駐車、未申請工事を見てね。
391 (4)
億さんの配慮(一応)で、音が大きい作業は
工場で済ませてきたそうです。
では一体何がドリル音に聞こえたのでしょうか?
391 (3)
マキタさんのHPにインパクトドライバーの
動画があったので掲載させていただきます。
画像をお借りしているだけで、
実際のメーカーや実物ではありません。


【YouTubeです↓音声あります(0:15~)】

ね?似てるでしょ?(^_^;)
ねじを締める工具だそうです。
7階のベランダ工事で使われたのですが、
音がほぼ全館に響き渡りました。
(ウチは30戸の小さいマンションです)
マンションで使用する場合は十分ご注意くださいね。

これで色々な謎が解けたわけです。
でも私にはもう一つ気になることがありました。
それは・・・
391 (2)
おいくら万円!?
この後で撤去の話をしないといけないのです。
(´Д`lll)ハアー
次回に続きます。