2018年07月10日の記事 (1/1)

許可をすると言うこと

億さんの未申請工事の続きです。
事の発端はこちら→ 前回はこちら→

暮間さんに
395 (4)
撃たれちゃった私達だけど、
395 (2)
それでもG君は
400 (1)
暮間さんに話しに行ってくれた。

400 (5)
※念書=証拠として念の為に作成し、当事者の
一方が他方に差し出すもの。法的効力はないが
証拠になる。
私達の場合は差出人が億さんで、受取人は
管理組合にしました。

工事を認めるためには幾つか条件がありました。
その条件をまとめて「念書」にしたのです。
億さんがそれを全て承諾したら、署名捺印
してもらい「念書」として保管する段取りでした。
【注意】このブログは実録マンガです。
私達のやり方が正しいとは限りません。

395 (6)
400 (4)
理事長(管理組合)が許可をすると言うこと。
私達はこの一件で、すごく考えさせられました。
何も考えず言われるままにポンポンと
理事長印を押していてはマズイのです。


そしてもう一つ大切なのが
400 (3)
でも、
390 (2)
お高いんでしょうねえ~
388 (11)
これ(-_-;)
400 (2)
次回は念書の中身をご紹介します。

西日本豪雨、北海道豪雨、千葉県の地震で
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。