2019年12月10日の記事 (1/1)

娘の気持ち

この記事はマンション管理とは関係ありません。

前回の記事(「母の気持ち」)と
以前の記事(「父の気持ち」)で
両親の死にたがりが発覚したので、
喪主の挨拶を考えてみました。
(注)両親は元気でピンピンしています。
491 (1)
※祖母のお葬式には僧侶が十人も
集まって壮観でした。→大往生
491 (2)
491 (3)
父は小学校の教諭だったので
生徒との感動的な逸話とか、
491 (6)
僧侶として人の役に立ったとか
感動させたこととか、
491 (7)
いつもたくさんお酒を飲んで
家で暴れたり失踪したりした。
まるでスカーレットの常治さんみたい。
491 (4)
口ぐせは「女のくせに!」
ブラジャーを「乳バンド」と言い、
家では「めし、風呂、寝る」の三語しか言わない。
491 (5)
491 (8)
491 (9)
喪主の挨拶を考えたら私は、
一人の人間として
父を何も知らない

ことに気付きました。
491 (10)
良く言えば
常に「父」としての役を果たそうと
していたのかもしれない。
そうやって考えると毎回父娘戦争
なっちゃうのも妙に納得だ。
491 (11)
491 (12)
父を満足させるためには
尊敬と愛情をこめて接すれば
いいのだろうけど、
491 (13)
身体が不自由になり
脳の萎縮が始まった父を見て思う。
491 (14)
あなたの子供は大人になって
自分で生活できるようになりました。
あなたを支えることもできます。
そろそろ信じてもらえませんか。
できたら一人の大人として
認めて欲しいんだけどなー

なんて言ったら・・・
491(16).jpg
て、なるだろうなー
( ̄▽ ̄;)

やっぱお母さんに長生きして欲しい(笑)

491 (2)
クレジットカードの控えを見たら
キャッシュレス5%還元されてました。
こうやって還元されるのですね(゚д゚)