現場確認 その3

前回の続きです。
億さんがルーフバルコニーに
ウッドデッキをつけた理由は、
392 (1)
つまり、こういう事ですね。
388 (11)
ベランダに出る時に一段下がるところを
床面を上げてそのまま出られるようにしたわけです。
ストレスフリーだし安全ですね。
392 (2)
(LIXILさんのHPからお借りしました)

392 (8)
ルーフバルコニー付きの部屋を見てね
392 (7)
392 (6)

391 (8)
(三協アルミさんのHPからお借りしました)

デッキの床板は対候性、耐食性に優れているし
この構造であれば排水ができて床下が乾燥します。
床(屋根)は良い状態に保たれるでしょう。
(実際に数年後に撤去した時、
直射日光に当たらなかった床(屋根)は
とても良い状態でした。)

また、億さんの言う通り
風の強いルーフバルコニーは物を置く場合に
ある程度の重量が必要になります。
でも、
392 (5)
392 (3)
392 (4)
再工事までは遠いっス!(-_-;)
住民同士のコミュニケーションは大事ですね。

次回に続きます。

コメント

Oh,段差
なるほど・・・この画像を見て気付きました
ウチの家はバリアフリーだけどベランダに出るには
『またがなければ』いけません・・・
これは万が一車椅子生活になってしまったら
絶対に出られません・・・(ー ー;)
最初は快適だと思っていた暮らしも歳をとるにつれ
変えたい部分も出てくるけど
とりあえずは介護が必要になる日が来るまでは
『ケガをしないように注意して』暮らそうと思います( ̄▽ ̄;)
ふ~みんままさん
私の友人は「上がりかまち」で足の指を骨折してましたよ。
同情する前に爆笑してしまいました(≧▽≦)

>『ケガをしないように注意して』暮らそうと思います
ホントそうですよ!気を付けて過ごしてくださいね(^o^;)

ベランダの段差解消工事って結構多いみたいですよ。
お風呂とか台所、玄関の改装は考えますが、ベランダは盲点でした。
億さんにも一理あるわけです。
こんにちは、
「段差を解消したかった」

実は当方でも購入時に、そういう希望を出された方がいらっしゃつたようです。
段差があるため雨が入らないのですが、足が悪いと超えるのは大変でしょう。
春駒さん
春駒さんのおっしゃる通り、段差があるために雨が入りません。
我が家もベランダに出るときは「よっこらしょ」と跨がないといけません。
私はそれを良いものだと思っています。

でも足が悪い場合はそれが障害になるのですね。
なるほど~~~
なるべく段差を自力で超えられるように、足腰を鍛えることにします(^_^;)

管理者のみに表示

トラックバック