親を脳検査に連れて行く-2

この記事はマンション管理とは関係ありません。

前回の続きです。
父をどうしても病院に連れて行きたい私は
作戦をたてました。
413 (7)
と言うわけで作戦の前に、
414 (1)
が、実際には
414 (2)
道に迷う。
(実家の車のナビは古過ぎて使えません)
414 (3)
道案内に失敗した母は突然、
地図が悪いと言い出した。

414 (4)
結局、スマホで位置確認して
病院にたどり着くことができました。
しかし車内の雰囲気は・・・
414 (5)
明るく楽しい雰囲気なんて
全くありませんでした。
作戦失敗!(-_-;)

初夏の頃の夕食。
414 (6)
鰹の生姜煮と春雨の中華風サラダ。

414 (7)
暑い夏によく作ったサンドイッチのお弁当。
パン耳のココナッツオイル炒め砂糖がけ。

414 (8)
テレビで見てトウモロコシご飯を作ってみました。
アジフライが焦げています・・・

414 (9)
トウモロコシご飯と茄子味噌炒めのお弁当。
夏のお弁当です。

コメント

アルアル・・・
想定の範囲内だったのでしょーか・・・( ̄▽ ̄;)?
にしても、この雰囲気で先に進むのは気が重いですよね・・・(ー ー;)
と、とりあえず病院まで行けてよかった・・・
次号お待ちしてます!
(参考にしようとしてます・・・)
ふ~みんままさん
想定の範囲を超えてましたよ~(笑)
楽しい雰囲気にしようと思っていたのに、
(母にもそう説明してあったのに)
まさか私と母が大喧嘩をするとは思っていませんでした。
大失敗でございます~( ̄▽ ̄;)

この後、意外なことに父が検査を承諾してくれます。
私のこざかしい作戦は必要なかったのかもしれません。
ご参考になればいいのですが・・・
こんにちは、
車の運転は可能なのですね。
免許更新時の検査結果が、ひとつの目安になるかと思いますが、意外としっかりされているような気がしますが・・・
春駒さん
そうですね、免許更新時の検査は目安になりますね。

実父の運転はかなり危ないです。
でもなぜか更新できてしまうんですよ(更新不可にして欲しい)
免許を返納して車を処分するようにずっと説得しているのですが、
ド田舎で他に交通手段がなく拒絶(激昂)します。
車の運転が実家では最も深刻な問題なんです。
(全く笑えないので漫画にできません(T_T))
お疲れさまでした
こんにちは。
そうですか。やはり一筋縄ではいかなかったんですね。
でもお母さまは、意外な伏兵と言うか、裏切り者と言うか。(笑)
曲者なんですね。(笑)

お父様は車の運転されてるんですね。
デイの利用者にも、90歳だけど昔タクシーの運転手だった人がいて、「ワシは無事故無違反じゃ」と車の運転してたんだけど、とうとう息子さんに車を取り上げられ、免許を返納したそうです。
その際はものすごいケンカになったようで。
運転をやめさせるのって・・難しいですよね。

高齢者の運転は、車に自動ブレーキがついていれば、事故自体は減るとは思うんですが。
自動運転が一般的に普及すれば、事故は減るのかな。
でも自動運転の初期設定が、高齢者にできるか?ですが。

でも高齢者の移動手段がなくなってしまうのも困りますよね。
一番近くのスーパーは、車で30分のところにしかない、とかなのに。
買い物や病院はどうするんだよ、お金もおろせないわ、となってしまって。

私の父親は、原付に乗っていて事故になり、結局電動自転車に乗っていましたね。
でも自転車もあぶないですしね。
結局はある程度の年齢になって、自分で安全に外出できなくなったら、サービス付き高齢者住宅とかに入らざるをえないんだろうか・・と思いました。
デイちゃん さん
私の母は曲者です。(笑)
自分は常に善でありたいので他人を陥れます。

> 運転をやめさせるのって・・難しいですよね。

本当に難しいと思います。(深い頷き)
昨年夏に亡くなったおじさんは車の鍵を家族が隠しても探し出して運転していました。
それで自損事故で亡くなったのです。
おじさんは脳の検査を受けるのも拒否していて毎回すごい喧嘩になったそうです。
事故で亡くなった時に子どもたちはすごく悔やんでいました。
(残酷だよ・・・おじさん!)

私の実家も未だに三台の車を保有しています。
説得しても手放さないし、田舎なので移動手段がないと生活できないのも事実。
そこで一台をブレーキアシストの軽自動車にしました。
東●海上のドライブエージェントという保険も付けました。いいですよ、これ。
一番いいのはスタートキーをプッシュ式にしたこと。
使い方が分からなくなったら運転ができません。(おじさんの教訓です)

そうですね、自転車も危ないですね。
脚力のない高齢者が乗っている自転車は見ていてヒヤヒヤします。
できるだけ足腰を鍛えて、自分で安全に外出できる時間を伸ばしたいものです(^_^)
足腰と歯。
すごく大事じゃないでしょうか?
そうですか・・
そうなんですか・・・。
意思のある認知症の(疑いのある)方って、一番やっかいなんですよ。
言うことをきかないし、でも無理やり力づくでするってわけにもいかないし・・・。
でも結局は事故になってしまうし、ましてや他人を傷つけてしまったら大変だし。
家族でダメな時に、医師やソーシャルワーカーとか、他に頼りになる人がいるといいのだけど。

最近の会社の車は、ある程度の振動(急ブレーキなど)を感知して、ドライブレコーダーで、信号など周りの状況を記録するようになってますね。
でも人命を守るためでなく、事故の時の証拠を残すためですが。苦笑
その保険は、人命を守るためなので、なんか優しいですね。

エンジンをかけるさいに、呼気をふきかけてアルコールを検知する機能も標準搭載してほしいです。(笑)
高齢者に関しては、今日の日付を入力しないとダメとかなら、認知症の人の運転を抑制できるかも。
「エンジンかからんで?」「え?修理の人呼ぶから待ってて~」とかとか。
で、日付入力ができないから、見当識障害があるって証拠になるし。

最近だと、電動の車いすに乗ってる高齢者さんもいて、結構あぶないかも・・。
角を曲がるところで転びそうになるそうです。
もし転んだところに車が来ちゃったら・・・。

認知症の予防法は三つと言われています。
(1)会話
(2)複数動作
(3)下肢筋力低下防止
一人暮らしだと会話がないので、認知症になりやすいんですが、人と住むことのストレスもあるので、実際はどうなんでしょうね。
複数動作は、よく右手がグーパー、左手がグーチョキパーを同時にしてみましょう~とかいうやつですが、例えば料理は左手で材料をおさえて右手で包丁で切るので、これも複数動作ですね。
下肢には大きな筋肉があり、使うことで脳への血流を多くするので、歩いたりするのはとても脳にいいんですよね。

あと歯は、かむと歯根から刺激が脳に伝わって、脳が活性化するので、噛んで食べなくなると認知機能が急速に低下するそうです。

長文すいませんでした~。
No title
妻さん

皆さんのご両親のお話を読んでどこの家庭も同じ問題に直面しているんだと痛感しました。

と言う我が親も全く同じで父が自分の運転に自信を持っていて・・。
私は今どうやって父に返納の事を切り出すべきか悩んでいる最中。
ウチの父は外面が異常にいいために周りから「若いですねぇ〜」とか言われると
嬉しくなってつい木に登ってしまうタイプ。
ホントにやめてくれ〜と叫びたい!
おまけに家族に見え透いたウソをつくし。困ったちゃんなんです。

でもウチの実家も大きなスーパーや病院まで車で30分くらいかかるので車は必須。高齢者にとっては車が命綱の部分もあるので悩ましいです。

デイちゃん さん
色々教えて下さってありがとうございます(^_^)
問題点は多いけど、改善できる点もありそうですね。
デイちゃんの経験を元に様々な事象を改善できたらいいのにね・・・
支援するだけでなく、制度や法律を整えたりサポートする機械を開発して
高齢者がなるべく自立できるような社会になるといいなあと思います。
自分もすぐに高齢者ですから、他人事ではないですね(^_^;)
と言うわけで、やってみました↓

> 複数動作は、よく右手がグーパー、左手がグーチョキパーを同時にしてみましょう~

ガーン!Σ(゚Д゚|||)できない~~~!
お酒も量を減らします。猛省!
自立できるように、自分も気を付けなくちゃね。

コメントのお返事が大変遅くなりました。ごめんなさいm(__)m
今、母が契約した高額リース電話機の件でバタバタしています。
契約した母が悪いのですが、
高齢者を狙って法律スレスレの営業をする企業の在り方に疑問を持ちます。
これはまたブログでご紹介しようと思います。
ぴょんきちさん
そうですか、ぴょんきちさんのお父様も・・・

免許の返納は本当に難しいですね。
家族がいくら言っても聞きません。(むしろ闘争心に火がつく?)
本人が気付いて、自分でその気にならないと無理じゃないかと思います。
でもそれでは他人様に迷惑をかけてしまうのではないかと心配です。
車の運転は認知症の予防になる面もあるそうです。
それに田舎では車が生活の命綱・・・ああ!一緒ですね!わかりますよ!!

ぴょんきちさんのお父様は社交性があるのですね。
それは素晴らしいことですが・・・自分の母を見ているようで、
ぴょんきちさんのご心労もわかる気がします。(ごめんなさいね:笑)

コメントのお返事が大変遅くなりました。ごめんなさいm(__)m

管理者のみに表示

トラックバック